Blog&column
ブログ・コラム

キッチンコンロ周りの壁材をご紹介

query_builder 2022/09/17
コラム
13
キッチンのコンロ周りの壁材は、燃えにくい素材を使わなければならないという決まりがあります。
そのためコンロ周りの壁は、タイルかパネルが主流です。
しかし、他にも燃えにくい素材は他にも沢山あります。
そこで今回は、キッチンコンロ周りの壁材についてご紹介いたします。

▼キッチンコンロ周りの壁材
■タイル
キッチンタイルは、デザイン性が高いものが多いです。

違う色のタイルを組み合わせてオリジナルのデザインにでき、ヘリンボーン柄などは北欧風インテリアが好きな方に人気です。
汚れに強く耐久性が高いため、長く美しい状態を保つことができます。
また衝撃に弱く強い衝撃が加わると、割れや欠けが起こる場合があるので注意が必要です。

■パネル
パネルといっても「不燃化粧板」「アルミ・ステンレス」「ホーロー」など様々な材質の製品があります。

・不燃化粧板
キッチンパネルの中で、比較的安価なのが不燃化粧板です。
最近ではデザインやカラーバリエーションも増えているので、お好きな物から選べるのが嬉しいところですね。

・アルミ・ステンレス
無機質な印象のアルミ・ステンレスは、クールな雰囲気が好きな方におすすめです。
熱に強くお手入れが楽ですが、他の素材より柔らかいため傷が付かないように取り扱う必要があります。

・ホーロー
ホーローは金属の下地にガラス質の素材が合わさったもので、衝撃と熱に強く汚れ落ちも良い素材です。
さっと拭くだけで汚れが落ちるので、楽にお手入れができる特徴があります。

▼まとめ
キッチンコンロ周りの壁材は、タイルかパネルから選択できます。
タイルには高いデザイン性があり、パネルには素材ごとにデザインや価格を選べる特徴があります。
キッチンのリフォームをお考えであれば、お好みの壁材を見つけて快適なキッチンを作ってみてはいかがでしょうか?

NEW

  • 横浜で自然素材を活かしたリフォーム、リノベならお任せ下さい

    query_builder 2022/07/27
  • ブラインドの種類について

    query_builder 2022/12/01
  • パントリーにコンセントを設置するメリット

    query_builder 2022/11/22
  • トップライトの種類

    query_builder 2022/11/15
  • トイレにおすすめの照明とは

    query_builder 2022/11/08

CATEGORY

ARCHIVE