Blog&column
ブログ・コラム

キッチンレイアウトの種類について

query_builder 2022/09/01
コラム
9
キッチンの設備が古くなってきたと感じたら、リフォームを考える時期といえます。
リフォームによって新しくできるだけでなく、施工期間が短く低コストなメリットがありますよ。
そんなリフォームを前向きに検討するなら、まずは種類を知っておくとご自身にピッタリのキッチンを選べるでしょう。
そこで今回は、キッチンのレイアウトの種類についてご紹介します。

▼キッチンのレイアウトの種類
キッチンのレイアウトには、下記の種類があります。

■オープンタイプ
子育て中の方などリビングの様子を見守りながら料理をしたい方は、オープンタイプのキッチンが人気です。
壁に接しないタイプのアイランドキッチンは開放感があり、家事動線も確保しやすい特徴があります。

■セミオープンタイプ
オープンキッチンほどスペースが取れない場合は、片側のみ壁に面したペニンシュランキッチンがおすすめです。
程よい開放感があり、リビングの様子も十分確認できます。
シンクとコンロをL型に配置すると、作業スペースを広くとれますよ。

■壁付けキッチン
リビングを広く使いたい方には、壁付けタイプのキッチンがおすすめです。
対面キッチンは、どうしてもキッチンのスペースを広くとる必要があります。
しかしこのタイプは、キッチンスペースとリビングを共有して使えるのが特徴です。
また収納の確保が難しい場合は、吊戸棚を利用すると収納不足を解消できます。

■独立キッチン
キッチンは生活感が出やすい場所のため、来客時に見られたくない場合は独立型のキッチンがおすすめです。
またキッチンとリビングを区切ることで、調理に集中できるメリットがあります。

▼まとめ
キッチンには、対面のオープンキッチン・セミオープンキッチン・非対面の壁付けキッチン・独立キッチンがあります。
「リビングを見守りたい」「なるべくキッチンを見られたくない」など、ライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。
弊社は家づくりのパートナーとして、ご自宅のリフォームを承っております。
こだわりを実現できるよう誠心誠意サポートいたしますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • 横浜で自然素材を活かしたリフォーム、リノベならお任せ下さい

    query_builder 2022/07/27
  • ブラインドの種類について

    query_builder 2022/12/01
  • パントリーにコンセントを設置するメリット

    query_builder 2022/11/22
  • トップライトの種類

    query_builder 2022/11/15
  • トイレにおすすめの照明とは

    query_builder 2022/11/08

CATEGORY

ARCHIVE